合わないシステムは改善してもらう

SFAの導入をすすめる企業が増える一方、SFAは自社には必要ない!と諦めてしまう企業も増えています。SFAのせいでもあるかもしれませんが、営業マン、システム導入をすすめたシステム開発、情報部、そして幹部たちの思惑の違いがそのように動かしてしまうことも実はあるんですよね。

そもそもは、これから導入しようとするSFAは自社に合っているのか、という点です。もちろん、いくつかのベンダーのSFAを比較し、コスト、運用率、ベンダーの信頼性、SFAの操作性、そして効果などについて検討するとは思います。かなりの時間をかけて検討し、導入したとしても、それでも合わないシステムって出てくるものなんですよね。

そのため、1度の導入では腕試し。それで運用可能であればラッキーと思うこと。合わなければベンダーの担当者と何がどのように合わないのか、もっとこうして欲しい、といった意見をぶつけ、改善してもらうことも大切なようです。

それでもだめであれば、別のベンダーの担当者に相談することも有り、といったように、柔軟な姿勢で臨むことも重要です。

Leave a reply

Required

Required, hidden

XHTML Tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Trackback this post  |  Subscribe to the comments