担当者の気持ちになる

名刺を交換してすぐに製品の説明。そしていかがですか?・・こんな単調で何の魅力も無い営業をしていても、営業の成功率は低いでしょう。

営業に入る良いキッカケ、相手の印象を褒める、自社製品のメリット、他者製品との比較などを具体的に伝える。そして全く別の情報、例えば関連する商品、全く違う分野の商品情報、時には担当者の趣味に関する情報を提供する、このような工夫が営業には大事だと言うことです。

名刺の管理ツールを活用していると、過去の担当者との会話の内容、欲しがっている情報なども蓄積しておくことが可能です。ここから次の営業に役立つ情報や調べるべき知識が何かを見つけ出し、実際の営業に役立てるわけです。相手の担当者の気持ちになり、「新しい営業マンはどんな有力な情報を教えてくれるのだろう」といった、期待を満足させられるような営業マンになりたいですね。

参照URL

Leave a reply

Required

Required, hidden

XHTML Tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Trackback this post  |  Subscribe to the comments