それでも十分に活かしたい

せっかく名刺の管理ツールを使っていても、だんだんとデータ化することを忘れたり、データ化したことで安心したり、こんな事態に陥る会社があるそうです。まぁ、名刺の管理ツールってそんなに高額なツールでもありませんから、ないがしろにしてしまわれる可能性が高いツールでもありますよね^^

でも、このツールを十分に活用していけば、今までにはアポイントさえとれなかった会社とだって簡単に結びつくこともできるんです。自分ではつながることができない人物でも、上司や他の部署の社員が実はつながっていた、ということもあります。そこから人脈を伝って会いに行く。もし、以前に営業の履歴があれば、その際のことをネタにしてキッカケを作れば、相手との距離も縮まり、相手も機嫌よく交渉の場に立ってくれるかもしれませんよ。


Leave a reply

Required

Required, hidden

XHTML Tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Trackback this post  |  Subscribe to the comments