潜在顧客情報も活かせる

名刺の管理ツールをしっかりと使いこなせるようになれば、潜在顧客の情報まで営業に活かすことができるようになるそうです。

既存顧客ばかりを相手にしていても、売り上げは変わらないかもしれません。でも見込み顧客に新たにアポイントを取ろうとしても、門前払いされることも多く、新しい顧客獲得は至難の業となっているんですね。

そこで、潜在顧客へ目を付けてみては、という提案なんです。潜在顧客は、自社の製品やサービスに興味を持ってはいるけど、実際に案件化はしていない顧客のこと。でも、過去に案件が成立していたり、何度かお付き合いをした実績があれば、真っ新の顧客よりもアプローチはしやすいはずです。過去の案件の評判が良ければ、顧客にも安心感がありますからね。スムーズに新たな案件を掴む可能性も高くなっていくと期待できます。


Leave a reply

Required

Required, hidden

XHTML Tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Trackback this post  |  Subscribe to the comments