最新のデータを

名刺の管理ツールでは、データ化した名刺の人物の役職や部署に変更があった場合、データが更新されたということが伝えられます。つまり、最新のデータを常に持つことができるということです。

これはエクセルではなかなかできないことなんですよね。エクセルで情報を管理する際にエクセルでは限界・・と言われるところの一つでもあります。更新ごとに全ての人に配布する必要がありますからね。

同じ人物の何らかの情報が変われば、それにデータは更新され、さらにツールを使っている人すべてにその更新されたことが伝えられる。しかも自動で。部署が変わればそれが新たなビジネスにもつながる可能性がありますからね。デジタル管理ならではのメリットと言えます。


Leave a reply

Required

Required, hidden

XHTML Tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Trackback this post  |  Subscribe to the comments